読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レディー・ガガは大手通販サイト販売だから安心♪スペシャルエディションーの「お買い物」ならココがおすすめ 2017年度 ボーン・ディス・ウェイ

ガガさま好きです。懐かしさ泥臭さがいいポップロック。周りの人も結構買ったみたいなのでさすが!ってかんじですね。

こちらになります♪

2017年03月08日 ランキング上位商品↑

ボーン・ディス・ウェイ スペシャル エディションー レディー・ガガボーン・ディス・ウェイ -スペシャル・エディションー [ レディー・ガガ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

夏の海辺のドライブのお供に。その中では日本版ボーナストラックのボーン・ディス・ウェイがすごくいいです。ビニールのカバーを開けると紙のインデックスみたいのがあるじゃないですが!CDって。過去作もよかったけどコレが1番スキです。どういうこと?何これ?商品自体はすごく綺麗なんだけど・・・。今回のキャンペーンにあわせていただきました。・Bloody Mary音域が広くないモノクロームな世界が広がる曲調。7/20購入です・・・レビュー記載が遅くなりました。ダーティーな歌詞のなか日本語でイクイクゥーというサプライズは照れつつも日本人には嬉しいですね。恐らく、国際版ボーナストラックと比較したら十中八九の人が日本版の方がいいと答えるでしょう。・You And IThe Queenの次だけに終始刻まれるリフにQueenWe Will Rock Youを自然と思い出しブックレットを見たところその曲から引用といった記載。車で毎日きいています。。何年後かに聴いて!その時代や懐かしさを感じて浸ることができる!そんな後世に語り継がれるアルバムになると思います。「レディーガガ ザ・フェイムモンスター」はDISC1と2は別の曲だったけど!今回は2は1のリミックスバージョンばかりなのが!ちと惜しいかな。・Scheisseよくある軽めの安定したディスコ系。・Bad KidsベタなロックライブのMCを思わせる始まり。前作の完成度が尋常でなかったので期待し過ぎたのかもしれません。80年代!洋楽ポップスを好んで聴いた者として!そうした音楽とどこか通じるような心地よさを感じます。(価格の安いカシャカシャ音の海賊版は問題外)で、ライナーノーツと日本版のボーナストラックのある日本版で正解!だって、日本版のボーナストラックの良さは格別です。来日して!彼女がみかけだけでなく!音楽もすばらしいと気付きました。・Judasこの声ガガ?と小生意気な感じでこれまでの曲では耳にしなかったトーンで新鮮。和訳も付帯していて楽しめましたガガ大好きです。ポイント買いで初のレディー・ガガのCDを購入。前作ですっかりハマりましたが、今回のアルバムも素晴らしいです。とっつきやすさは前作が上ですが!音楽的内容はこちらが濃いと思います。・Electric Chapelイントロ30秒北欧メタル?と思いきやスザンヌベガ“Tom's Diner”を思わせるしっとりとしたメロディラインに。お高いけど応募券がついてたので国内盤にしました。注文から到着まではすんなりいきましたが!封を開けてみて!ちょっとびっくり。4分弱で曲調がかなり変化。本当に内容が素晴らしい!ハートを感じます。・Hair安定したポップ。ガーガーと馴染みのガガコール連発中。歌詞はそうではないけど曲調に変化がある半ば以降では甘酸っぱいキュンキュンする雰囲気に。音楽は結局好みかどうかということになるので、曲の出来云々とは違う次元で「最高!」という評価はつけられませんでした。・Born This WayCMでも使われたキャッチーでパワフルな曲。来日して、「ずばっと!」の生出演のパンダメイクのガガ様の「オハヨー」はかわいかった・・。購入自体!他の方より遅いと思いますが(笑)実はもともと!レディー・ガガのファンではないんです。好みとしては2枚目の方が好きです日常の憂さを晴らしてくれる楽曲が満載です。日本のために元気を振りまいてくれたガガ様に感服して!評判のいい新作アルバムを買うことにしたが!輸入版と迷いに迷いました。・Americano情熱的で哀愁感のあるラテン調。そんな私でも大満足の内容でした。聴いた事のある人なら分かるだろうが!これがあるのと無いのとでは聞いた後の満足度が全然違います。家で毎日、車で出かけるときは車に持ち込んで毎回聞いています。というより!その存在も最近知ったという・・・(汗)3月の震災後!よく目にする&耳にするようになり購入に至りました。全曲好きで購入してから随分経過しましたが!今でもドライブ中に聞くことが多いですね。「Born This Way」が発表されて不安がよぎり!「JUDAS」PVでまた期待が高まりアルバム発売を迎えたものの「JUDAS」のインパクトは他の曲では感じられません。なるほど!何度聴いても飽き足らないのは!ガガの音楽性の高さゆえ。麻薬的な吸引力が彼女のカラーだと思っていたのに、偏り過ぎたのか一般的になり過ぎたのか?少々退屈…曲それぞれは悪くないけど…「めっちゃ好き」が少ない。・Government Hookerオペラのような歌声から始まり異色さが漂うのはつかの間、ピコピコサウンドが始まるとガガ祭り。ヽ(*´▽)ノ♪ガガの曲を聞くとテンションあがるので!ついにCD買いました。レディー・ガガは全然悪くないんだけど!後味悪いですね。が、少し方向が変わってしまった感があり、全体的には正直残念な印象です。・Fashion Of His Love90年代アイドルが歌っていたような爽やか系。ティファニーを思い出した80/90年代のアイドルな曲。・Marry The Night1曲目というイメージもあるけど暖気運転的な曲。聞けば聞くほどいいです!最後まで聞くとまた最初から聞きたくなり!エンドレスで聞いてます(笑)待望のLadyGaGaの新譜!もちろん予約して購入しました。楽曲も歌詞も素晴らしいです。それが2枚入ってるんです。・The Edge Of Gloryスケールの大きさを感じるのびやかな曲。レディガガのエンターティナーとしての才能、音楽的センス聴衆を魅了するテクニックは他では味わえません。強い個性がないことで2曲目への流れがスムース、同時にドラマティックに盛り上がる橋渡し効果もあるよう。70年代の歌謡曲っぽくも。1枚は破れていて!もう1枚は綺麗な状態。・Highway Unicorn Road To Loveサビを作るのが上手いと思う曲。「モンスター」より更にこなれた印象で、私はこちらのほうが好きです。いいですね〜。耳にしたことがある曲が多いので飽きないのかもしれません。キーになるドイツ語がキッチュな雰囲気にぴったり。・Heavy Metal Loverビートがジワジワ響くややまったり系。ブライアンメイも参加してるみたいで納得。斬新な見た目とは裏腹に両親に毎日電話したり!同じ服を何度も着るなど!普通のことを大切にしているガガ様。やっはりガガの歌はいいです☆QUEENが流行った時代の音楽を連想させられる、新しいのになんだかほろ苦い懐かしさを感じるようなアルバムに仕上がっています。ヽ(*´▽)ノ♪CMの歌が聞きたくて購入しました。破れているからもう1枚入れたのなら!破れたのはいらないんじゃない?ガガのこれまでの作品では一番バラエティ豊かな!意地悪に言えばまとまりを感じないアルバム。・Black Jesus+Amen Fashion派手すぎず地味すぎないガガにしては普通。BORN THIS WAY−SPECIAL EDITION−曲目タイトル:Disc11.マリー・ザ・ナイト2.ボーン・ディス・ウェイ3.ガバメント・フッカー4.ジューダス5.アメリカーノ6.ヘアー7.シャイセ8.ブラディー・マリー9.ブラック・ジーザス アーメン・ファッション10.バッド・キッズ11.ファッション・オブ・ヒズ・ラヴ12.ハイウェイ・ユニコーン13.ヘヴィー・メタル・ラヴァー14.エレクトリック・チャペル15.ザ・クイーン16.ユー・アンド・アイ17.ジ・エッジ・オブ・グローリーDisc21.ボーン・ディス・ウェイ-カントリー・ロード・ヴァージョン2.ジューダス−DJホワイト・シャドウ・リミックス3.マリー・ザ・ナイト−ゼッド・リミックス4.シャイセ−DJホワイト・シャドウ・ミュグレー5.ファッション・オブ・ヒズ・ラヴ−フェルナンド・ギャリベイ・リミックス6.ボーン・ディス・ウェイ−ヨスト&ナーフ・リミックス(インターナショナル・ボーナス・トラック)7.ボーン・ディス・ウェイ−LLGvsGLGラジオ・ミックス(日本ボーナス・トラック)が入っていました。ガガの取っ付きやすさはこうしたヒット要素が無意識に注入されているから?・The Queen出だしの音程が外れた鐘の音がブロンディのMariaを思い出させた曲。単純に最初と最後を比較してみてもまとまりに欠けた感じ。